田舎のサラリーマン家庭の子、医学部にゆく。

子どもは1浪して国立医学部合格。「何もないのが魅力と都会にアピールする田舎」住まいゆえに、家庭で工夫して塾なしで医学部受験に取り組むことに。   母が子どもの成績を伸ばし内面の成長を促すために試してみたことの失敗+成功。

もうすぐ年末。子どもが帰ってきたら何を作ってあげようかな?と思っていたら・・・

クリスマスもすぐだし、あっという間に年末ですね。外に出ないせいもあるのかもしれませんが、今年のクリスマス商戦は控えめに感じます。世の中はクリスマスに飽きてきているのでしょうか?(その代わりにハロウィンが盛り上がってきていますね。)

 

さて、連休になると家に帰る同級生も多い中、うちの子どもは夏休みに帰ってきたきり。理由は単純、遠いからだそう。高校のママ友の話によると週末ごとに帰ってくる子もいて、ほんとそれぞれだなあと思います。きっと家の居心地が良いから帰りたくなるのでしょうね(ということは、うちは居心地が悪い?笑)。

一応帰る日の連絡はあったので、子どもの好きなものを作ってあげよう!と楽しみにしていたのですが、なんとなんと休みの前半はそのままおじいちゃん、おばあちゃんの家(他県)に行くと今日言われました。私は子離れしてる風を装っているので、「へー、じゃあちゃんと連絡してお世話になりますって言ってね。」なんて返事をしていたのですが、じわじわと寂しさと悲しさが・・・。結構楽しみにしていたんですねえ、私(笑)。

 

まあ、後半は帰ってくるようなのでそれを待ちましょうか。しつこくされると人は余計逃げたくなるものだし・・・。(と自分を納得させている)

その一方、すぐに家に帰ってこない子どもに仕返ししたくなるような、いたずらしたくなるような気持ちが湧き上がってきて、子どもがいない間に好物を色々作って写真を送りつけるのが効果がありそうだなあ、と密かに想像してニヤリとしている自分もいたりして^^;。(←追記:夜中に書いたからか意地悪〜。笑)

 

まあ、小さい頃からあっさりしたタイプだったので期待はしていませんでしたが、小さい頃にママが大好きな子だったらさぞかしママも子離れするのは大変ですよね。想像しただけで辛すぎる!(でも私は一度もママーと泣かれたことがない。今となると期待しないから喜んでいいのか悲しんでいいのか微妙になっている。)

 

そうそう、子どもは温泉が大好きなので、きっとそれも楽しみで祖父母のところへ行くのだと思います(だからあちらへ行くことに難色を示すのも可哀想な気がしてしまう)。温泉には対抗できませんが、うちにはこれ買っておこうかな。

item.rakuten.co.jp

https://www.amazon.co.jp/バブ-メディケイティッド-柑橘の香り-6錠入/dp/B016UE5QWQ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1513666798&sr=8-1&keywords=バブ+メディケイティッド

 

これ、すごく効きますよ!(個人の感想です)

高いだけあるって感じで、値段にも納得。子どもは勉強は集中すると肩や背中に知らず知らずに力が入ってしまい、寝ようと思っても緊張感が取れずなかなか寝られないこともあったんですが、これを使うとすごく体があったまってよく眠れたようです。

毎日使うのはちょっとお値段が高いので、うちではすごーく疲れたと子どもが申告してきた時と、模試や試験の日に使っていました。

それ以外は普通の入浴剤です。

item.rakuten.co.jp

 

[http://]

こんなのとか。

item.rakuten.co.jp

 

 

炭酸入浴剤が好きです。

今は香りも色々だし、新しい種類も次々発売されるので、次にどれを買おうか迷うのが楽しいです。

 

では。

 

人間はほんの小さな出来事でもお守りにして頑張れる。医学部受験を決める前の我が家の不思議な体験。

子どもは小さな頃から「お医者さんになりたい。」とは言っていましたが、そのために塾に行くわけでもなく、自分から勉強するでもなく、あまり現実味はありませんでした。授業が分からなくなると困るので、公文に通わせていたくらい。

 

中学生になっても相変わらず将来の夢は「医者」。でも男の子たちはプロサッカー選手、プロ野球選手、パイロット、女の子たちはキャビンアテンダント、歌手、医者・・・というようなことを書いているので、特別なことではなかったと思います。要は知っている職業が少ないんだと思います。先生に将来の夢を書けと言われたので、とりあえず書いている子が多く、夢と現実の努力には大きな溝があるのはよくある話です。

 

そんな中学生だった息子と、ある時観光でお寺に出かけました。お参りしたり境内を散策して、最後にお寺の住職さんとそのお母さん(高齢)とばったりお会いしました。その時に住職さんが子どもに対して突然こんなことを言ったんです。

「君はお医者さんになるの?」

 

その場にいた家族全員凍りつきました(←大げさ?笑)。住職さんは私たちのことを知らないし、お会いして顔をみるなりそんな事を仰ったんですから、びっくりしますよね?

「なれると良いですよね〜。でもそんな事を言える成績ではないんです〜。」とお返事しました。

すると住職さんのお母さんが

「大丈夫、このお父さんとお母さんなら。」と。

 

リップサービスかなとも思いましたが、素直にありがたく受け取り、家族で住職さんはなんであんな事を突然言ったんだろうね?と不思議に思いました。あと、親で分かるのかしら?とも。

 

その後高校生になり学校生活を満喫して成績が下がった息子と、本気で医学部を目指す気持ちがあるのかないのかを話し合ってから、うちの医学部受験が始まりました。

勉強の仕方から始まり何をどうすれば出来るようになるのか分からずもがいている時、頑張っているつもりでも成績が上がらない時、私はよくこの住職さんのことを思い出して勇気をもらっていました。

お坊さんには子どもがお医者さんになるオーラが見えたのかも?未来を見れるのかも?

その時は、現実では全く希望の要素がなかったので、無いものもあると思いたかったのかなと思います。この際嘘でも良いと思っていたのが本音(笑)。

 

子どもが凹んでいる時も、よくこの話を持ち出して「自信を持っていいよ!」と励ましたっけ。子どもも「根拠ないなー。」とは思っていたでしょうけれど、私が子どもを元気付けようとする気持ちは分かっていたと思うので、笑って「そうだね。」と答えてましたっけ(笑)。受験生に気を使わせる母だったかも。

 

それから、住職さんのお母さんの言葉。

「このお父さんとお母さんなら大丈夫。」

こんな風に言ってもらえたのが嬉しく、頑張ろう!と自分を鼓舞しました。でもその反面、ちょっとプレッシャーでもあったかな。私が諦めたらダメなんだと言われているようにも思えて(多分そんな風には思ってらっしゃらないと思います)。どちらにしても子育ては親がしっかりしないといけないんだと思いました。

 

今もどういう真意で住職さんがあんな風に仰ったのかは謎ですが(深い意味はなく、何と無く顔を見て言っただけかな?と思いますが)、それをリップサービスにするのも、実現して予言にするのもこちら次第なんですよね。もしかしたら私が住職さんの言葉をお守りに持っていたから、辛かった時に踏ん張れたのかもしれないし。不思議ですが、うちには必要な言葉をおっしゃってくださった住職さんに感謝ですね。

同時に人ってこんなたわいない些細なことで頑張ったり踏ん張ったり出来るんだなあ、とおかしくなります。でもそれで頑張りきれるなら、時には信じ切るのも良いのではないかな。(どんなことも盲信は気をつけないといけないですけど。)

 

いつかお礼参りに家族で行けたらいいな。

 

では。

 

医学部受験戦略は、得意苦手が同じタイプの合格者のやり方を研究し真似してみよう。

このブログを始めたのは、いくつか理由がありますが、医学部を目指している保護者の方(あるいはご本人)の参考になればよいなあと言うことも理由の1つです。子どもが医学部を目指してから、私自身が医学部受験で参考になる情報を探し求めていたからですが、実際のところ参考にしてもらえるような情報がこのブログにあるのかないのかよくわかりません。そもそも親がこんなに出しゃばって受験を主導して良かったのかな?自分でやっておきながらそんな風にも思っているし、もっと良いやり方がたくさんあるんだろうなと言う気持ちがあります。

私のブログの読者さんは主に、お母さん、田舎に住んでいる、塾に通っていない、サラリーマン家庭の方かな?と勝手に想像していましたが、中には都会に住んでいたり、海外を行ったり来たりされるようなエリートパパさんも読者になってくださっていて驚いています。いろいろな方に読んでいただけて嬉しいです。ありがとうございます。

 

さて、私が色々な本やネットの情報で取り入れる、取り入れないを決める時に、決めていたことがあります。

それは子どもと得意苦手が似ているか

と言うことです。

うちの場合は、文系医学部受験生でしたので、そういう方の書籍やブログを探しましたがその当時見つけられたのは、この方のブログだけ。

 

chierinrin51.blog.jp

 

ちえりんさん、有名ブロガーさんです。^^

三重大学医学部に後期で合格されています。元旧帝大(文系学部)を卒業されているので、再受験では理系科目中心に勉強されていた様子が書かれています。二次試験の理系科目には相当苦労されたことが模試の記事からもわかります。

ちえりんさんから私が参考にさせていただいたのは、模試の点数の推移と後期受験についてです。ただし合格されてしばらくして書かれたせいか、受験勉強自体の細かい記述はそれほどありません。それでも、文系で医学部に合格された方の情報がなかったので、とても勇気をもらいました!ちえりんさんみたいに、うちの子も合格できたらいいなと思いながら読ませていただいていましたね。

そうそう、駿台模試を「Soon Die 模試」と教えてくれたのも、ちえりんさんでした!(笑)駿台模試の成績が悪くても「Soon Die 模試だから!」と言うとひどく落ち込まずに済みました。

それからちえりんさんが、主に河合塾の模試を受けていたので、浪人時代は同じようにしました。高3では河合塾駿台、東進、ベネッセとあれもこれもと模試を受けすぎたかもしれないと言う反省からです。模試に追われずにやれて、うちにとっては良かったと思います。

 

反対に参考にできなかったのは、文系科目の仕上がりに大きな違いがあること、8月の河合塾のマーク模試で90%取っていたことです。文系科目でのアドバンテージがあったからこそ、センター高得点と後期合格が可能だったと思います。

 

子どもは現役の頃は理系科目に時間を取らざるを得ず、それなのに苦手科目が伸びることもなく。おまけにセンターで英語・国語・社会は期待していたような点が取れずに終わりました。現役での経験から、予備校に通いだしてからは得意科目は最大限に伸ばす、不得意科目は足を引っ張らないくらいの点を取ると方向をはっきりと意識させました。結果としては、センターで90%取ることができ、後期を諦めずに済んだと思います。子どもやちえりんさんのような文系医学部受験生は後期にチャンスがあると思うのですが、センター高得点が当たり前なので、特に文系医学部受験生は本当にセンターが大切だと思います。高得点を目指して、センター対策をしっかりやりましょう!

 

もし行きたい医学部の配点が二次試験重視、本人もセンターよりも筆記が得意な人の場合は方針も変わってくると思います。医学部受験生は、どちらかと言うと理系科目が得意な人が多いと思いますし、筆記が得意な人も多いと思うので、同じタイプの人は参考にできる医学部受験戦略情報は多いと思います。うらやましい^^

 

受け取った情報は、ぜひぜひ上手に活用しましょう。(でも受験生は受験本マニアになったりブログ巡りばかりしてはダメですよ。笑)

 

では。

愛犬の行動から子どものいたずらや嘘を考えてみる。

最近、どういう訳か我が家の犬が夜中にキュンキュン鳴いたり、ケージから抜け出してソファで寝ていたりということが続いている。

うちの犬は割と大人しく、人間の行動を予測して先回りできるような賢い犬だ。あまりに賢くて言葉が分かっているのではとかなり疑っている。

そんな愛犬が、昨日の夜中はアグレッシブにケージから脱走を試みていた(笑)。おとといの夜はうまい具合に抜け出せたのに味を占めたのかな?夜中の3時頃から始まり、最初は扉を押し開けようとする音も控えめだったのが、次第に大きくなり最後はガーン!と言う音の後に、歩き回る音が・・・。脱走成功したのね(笑)。

私はたまたま眠れなかったのでどうするんだろうと聞いていたのだが、扉を破った時は思わず笑ってしまった。でも癖になるといけないので下で一人遊びを楽しんでいる犬をもう一度ケージに入れて、今度は洗濯バサミなどを使って扉を固定。私が二階に戻るとまた頭で扉をつつく音がしてあれこれ開け方を試していたようだが、結局昨晩の脱走は叶わなかったよう。

 

常々犬をこっそり観察していると、色々考えているんだな〜と感心してしまう。大好きな夫にはいい子ぶって恋する乙女そのもの(うちの犬はメス)。その一方夫が見ていない所では私と子どもには結構威張っている。面倒臭いことを言われている時は聞こえないふりもするし、入ってはいけない場所にいるのを見つかりそうになると抜き足差し足でそーっと自分の定位置に戻ってくる。人間が歯を磨き始めれば寝る時間ですね、と寝床に自ら入るし。子どもには厳しいがご老人にはとても優しくて決してリードを引っ張ったりしない。

 

気の向くままに暮らしたり理性的に行動したり犬も色々な面を持っていて、もちろん可愛い行動も好きだけれど、私は特にうちの犬のワルイ面を見るのが好き。あまりに夫に対する態度と違うのでムッとすることもあるけれど、裏の顔を夫にばれないように必死に取り繕っているのは面白い(笑)。

毎日見ていると次第に、犬だってこれだけ頭を使って自分のやりたいことをこっそりやったり、保身だってするんだから、人間の子どもがいたずらしたり嘘をついたって仕方ないな、と言うような気がしてくる。これも生きるための本能的なものなのね、と。犬も人間も自分の損になることは避けたいのだ。

最近では、むしろ犬でさえこれだけのことが出来るのだから、より賢いはずの人間ができなかったらまずいよね?とさえ思ってしまう。

 

私は子どものいたずらや罪のない嘘も好き。子どもの嘘は分かりやすいので、言い出したら乗る方だ。そうなの?それで?と聞いてあげると、それはそれは一生懸命考えながらお話を作り出してくれる(笑)。子どもなりに辻褄を合わせようと必死で、頭をフル回転させている。思ってもみない面白い話を聞かせてもらえることがある。

 

大人は嘘はダメって言うけれど、人を陥れるような嘘はともかく、小さい子の嘘はそんなにダメなのだろうか?

食べちゃダメって言うお菓子を食べてしまって、怪獣が食べちゃった!なんて嘘をつかれたら、「どんな怪獣だった?」と聞いてみたい。絵も描いてもらいたいな。思う存分考えてお話しして楽しい時間を過ごしたあとに、「本当は〇〇ちゃんが食べちゃったんだよね?」と聞くと「うん。」って教えてくれるじゃないかな。

その時に「嘘はつかなくて良いんだよ。最初から食べちゃったの、ごめんなさい。って言う方がいいんだよ。」と、教えればそのうち子どもは本当のことを怖がらないで言えるようになる気がする。

 

それと嘘は言い換えると想像力とも言える気がしている。あまりに頑なに嘘を拒否すると、気ままに想像する力って成長するのだろうか?この辺は私は専門家ではないし、たくさんの子どもを見ているわけでもないので何とも言えないけれど、私はできれば罪のない嘘は(特に小さな頃は)そんなに目くじらを立てなくても良いかなと思う。

 

一方、自分の子どもがいたずらばかりするとうんざりする気持ちはとてもよく分かる。忙しい時は特にね。面白いと感じるには、心の余裕が必要なのかもしれない。余裕があればいたずらも嘘も「前より賢くなってる!」と笑えてくる。

もしママに少しだけ余裕がある時だったら、ぜひ子どものいたずらや嘘をメモしたり撮影してみて欲しいな。親の言うことを聞いて良い子にしている時のことはほとんど記憶に残らないけれど、困らせられたことはのちのちずっと面白くて楽しい記憶になるし忘れない(忘れられない)と思う。うちも色々あったけれど、すかさず写真撮影!今になれば面白いことしていたなーと思う。きっと試してみたかったんだろうなと(私も面白そうと思ってしまう)。うちの子どもに小さい頃の楽しい思い出が沢山残っているといいな〜。

 

もちろんやって良いことと悪いことの区別はきちんと教えないといけないけれど、プライベートな家庭の中でならOKということもあって良いと思う。24時間良い子なんて無理なのだから。メリハリつけて楽しく子育てできるのが私の理想だったのかなと思うけれど、できていたのかな?それは何とも自信がないけれど、自分の子育ての結果として、子どもがこれからどんな大人になるのかはしっかり見守っていこうと思っている。

 

英単語を勉強し始めたらリスニングにもすぐ効果が出た。分かると勉強が楽しくなりますね。

英検準1級に挑戦してみようと思っていると以前書きました。

圧倒的に語彙が足りていないのは分かっているのですが、単語の勉強は毎日コツコツやらないといけないので苦手です。そこでご紹介したmikanと言うアプリでパス単準1級の英単語の勉強をしています。

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

  • mikan Co.,Ltd.
  • 教育
  • 無料

 

mikan でる順パス単準1級

mikan でる順パス単準1級

  • mikan Co.,Ltd.
  • 教育
  • ¥840

 

パス単は単語を「よくでる度」を元に、でる度A・でる度B・でる度C・熟語と4つのセクションに別れています。私はA→B→熟語→Cの順番で勉強しており、今はC(計500語)のうちの動詞部分(212語)まで終わり、残り282語で1周します。ところが残り2つの熟語とでる度Cのセクションが、私には本当に覚えづらくて苦戦しています。Cに載っている単語はほぼ知らないものばかりなんですよね(涙)。

どれもこれも知らないと、進む速度の遅いこと遅いこと。今までは100個ずつ一度に問題が出るようにしていましたが、10個に変えました。それでも地道にやっていると、何となく見覚えがあるような感じになり、少しずつ正解が増えてくると面白くなりますね!

 

何より、常に音声を聞きながら単語と意味を眺めていると、知らないうちに音声だけ聞いて意味を選べるようになってきます。ある程度意味が入ってきたら、今度は旺文社のサイトでダウンロードした例文を聞きながら、本で単語の勉強をするようにしています。(mikanのテスト形式だとぼんやりと覚えていても正解できてしまうため、本当に覚えているのか怪しい時があるため)

 

そんなことを2〜3週間やって、昨日NHKワールドのニュースを聞いてみたんです。すると今までの何倍も聞き取れたんです!

もちろんNHKのニュースですから、日本語のニュースを見ていれば知っている内容がかなり多いので今までもだいたいこんなことを言っていると言うのは分かるのですが、キャスターの発する英語を聞き取りながら内容を理解できたのは初めてかもしれない!

いきなり英単語の勉強の成果が現れて、すごく嬉しい!やっぱり語彙が増えると分かることが増えるんだな〜とつくづく思いました。

 

それと、外国語はやはり音声の勉強を一緒にしたほうが良いな、と思いました。発音記号を見て自分の下手な発音で単語を覚えるより、最初からネイティブの発音で単語をインプットする方が早道です。音読も同じです。お手本を何度も何度も聞いてから真似をした方が良いと思います。

また、一度に単語を大量に見ていると規則性に気がついて意味を推測できるようになってきます。語源を辞書で調べると面白いですね!これとこれがくっついてこう言う意味なのね、なんてやけに納得したりして。

 

それにしても、このまましっかりと英単語の勉強を続けていけば、長文も内容が早くつかめるようになるかもと少しやる気が出ました(単純なんです。笑)。まだ単語以外の勉強が手付かずなので今日から始めたいな。と言いつつ、自分の中でアクセルとブレーキを両方踏んでいる感じでさっと取りかかれるかは分かりません。勉強しなきゃと思いつつ出来ない子どもたちと一緒です(汗)。

 

やるぞ!と決めてもなかなか取りかかれない場合、やっぱり最初の一歩は楽に出せた方が良いな〜。一歩前に進めさえすれば、二歩目はもっと楽に進めますから。アプリでもゲームでもマンガでもアニメでも、媒体はなんであれそれを使ってやる気が出るなら使って良いのではないかな?と私は思います。

何も知らないことを本人が苦痛と感じる方法で習得するのって、本当に大変ですもんね。楽して楽しく勉強できると良いですね。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ